logo
半導体 is 何?のイメージ

ここ数年でよく話題に上がる「半導体不足」。
身近なもので言えば家電、ゲーム機、パソコン、などなど挙げきれませんが、あらゆる電子機器に使用されているこの半導体。
具体的にどういうものなのでしょうか?

読んで字の如く

半分、導体。

導体 is 何???

導体・・・電気を通すもの。
絶縁体・・・電気を通さないもの。

つまり、導体と絶縁体の両方の性質を持ったものが半導体です。
温度によって電気を通したり通さなかったりして、機械を動かすのを手伝う、そんなやつ。

例えばこんな半導体

一口に半導体といっても、その役割は多岐に渡り、あらゆる場面で私たちの生活を支えています。

パソコンやスマートフォンのメモリに必要なIC(集積回路)として。
エネルギーを光に変換する用途としても使われるので、照明にも使用されます。
大容量の電力変換・高速制御も可能な面から、電気自動車などの動力制御としても。

最も身近な例で言えば、スマートフォンにまつわる小型化の例でしょうか。

私たちが毎日使っているスマートフォンの前身はガラケーと呼ばれる携帯電話でした。
さらに携帯電話の前は肩から固定電話を下げるようなショルダーフォンでした。

「楽に持ち運べる電話」としてガラケー、スマートフォンと小型化が進んできたのは、
半導体が小さなチップとして、メモリやエネルギー変換などの役割を担うことができるようになったことも大きな要因と言えます。

半導体 is 必需品

工場停止、在庫切れ、パフォーマンス低下など様々な市場で悲鳴が上がる「半導体不足」。
コロナ禍での問題として話題に上がったイメージではありますが、電子機器なくして生活できない昨今、半導体がいかに重要であるかを考えると遅かれ早かれ世界的に不足していたのではと思います。

次は半導体の工場を新たに立ち上げた場合利益になるか夢を膨らませるのもいいかも…?