皆さんは「SES」と聞いてどんなイメージを思い浮かべますか?

検索して調べるとマイナスなイメージを持っている意見が散見されます。が、本当のところはどうなのでしょうか?
ネクスト株式会社の一部社員は「SES」の形態で業務に従事しております。筆者である僕自身もある現場に赴き、エンジニアとして働いております。実際にSESエンジニアとして働く社員の意見を知っていただき、「SES」のイメージがもっとよく知っていただければ幸いです!

そもそも 「SES」 とは

SES(システムエンジニアリングサービス)とは、ソフトウェアやシステム開発・保守・運用における委託契約の1種です。 基本的に特定の業務に対してエンジニアの技術力を提供する契約をSESと呼びます。

IT業界における契約形態は大きく分けて、顧客から依頼されたシステム等の完成を約束して成果物を納品することで対価を受け取る契約と、技術者の労働に対して顧客から対価を受け取る契約の2種類があります。

SESは後者の契約形態になっているため、成果物の納品義務はありません。
また、派遣と似ている部分もありますが、顧客からの指揮・命令がないのが大きな特徴です。

SESはブラック?

SES=ブラック企業 というイメージを持つ人が多くいらっしゃるようですがこれは事実なのでしょうか?
結論から言ってしまいますと 依然としてブラックSESは存在します。しかし、ホワイト率は高まってきている! です。
SES企業の場合、常駐先となる企業さんが労働条件などのコンプライアンスを遵守し、ホワイト化してきている傾向が近年では強いので、結果としてそこに常駐するSES社員もホワイトに働けると言うケースが増えてきているようです。僕自身も初めての現場では大変よくしていただき、続く案件でもコレといって問題なく働くことができました。
とはいえ全てがホワイトというわけではありません。もし現場に問題を感じたら即刻上長に相談することをお勧めします。
僕は運が良かったというのもあるかもしれませんが、弊社では現場に問題があると感じた場合、社員の安全を第一に考え行動して頂けるので新しい現場に赴く際も不安を感じることはなかったです。

SESで成長できる?

おそらくエンジニアを目指す方々には気になる点であるとおもいます。

僕(開発未経験)が実際に現場で体験したことになりますが、プログラムは当たり前のように書きましたし、上流から下流までの一通りのエンジニアとして必要なスキルや、顧客との調整、チーム開発などの仕事感も身につけることができました。案件によって当たりハズレのようなものは確かに存在するのかもしれないですが、エンジニアとしての本質的な部分はSES企業に入社しても本人の取組次第で十分に習得することが可能だと感じました。また、SESは長期的な成長には向かないとも言われていますが、前述したとおり本人次第でどんどんステップアップ可能ですので、案件を重ねるごとにエンジニアとして成長を実感できると思います。
結論、エンジニアとしての成長を見込める!と僕は考えています。

「SES」はネット上の記載もあって悪いイメージを持たれがちですが、エンジニアとして最初の一歩を踏み出すにはうってつけの形態だと思います。
ネクスト株式会社ではエンジニア経験のない方々も募集しておりますので興味を持たれた方はぜひエントリーください。

Part2ではさらに「SES」について掘り下げていこうと思います!