logo
Ruby3 リリースのイメージ

ニュースではなニュースですが、
Ruby3がリリースされました。(2020年12月25日)

Rubyの文法がシンプルでわかりやすいプログラミング言語で、
美しく芸術的な言語だと言われています。
ただ、動的な言語の制限により、ローパフォーマンス、マルチスレッドへの
サポートなどいろいろな問題がありますが、
Ruby2より3倍のパフォーマンスアップを実現できました。

Ruby 2.6以来最速なJIT(Just-In-Time)を達成し、
また、並行処理、静的解析などおいても、大きな進歩を遂げました。
ただ、GO, Java, Scalaのような静的な言語に比べて、
エラー検出、実行効率などまだ差が存在しています。

自分はおよそ5〜6年Ruby On Railsの経験をもち、
Rubyはソースが簡潔で、描きやすいし、また快適性、開発効率などに優れています。
特にDSL(プログラムでプログラムを作成するイメージ)、ブロックなど
の特徴で、他の言語よりもっとプログラミングの楽しさ
体験することができます。

現在は静的言語主流で、またPython、PHPのような
たくさんライバルがある中、Rubyは将来どうなるか楽しみにします。