Raspberry Piでクラウド基盤を作る_準備編のイメージ

こんにちは、OpenStackでクラウド基盤を設計、構築しているCS部 堀です。

このブログは備忘録的なものとして作業証跡を載せておきます。私の文章力は小学生以下ですのでご了承ください。

みなさんはRaspberry Piを知っていますか。Raspberry Pi / ラズベリーパイ (通称: Raspi / ラズパイ)は、ARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータ。当初は教育用に発売されたカードサイズのコンピュータですが、現在は産業用にも幅広く利用されています。今回のプロジェクトでは、2020年10月現在最新モデルのRaspberry Pi 4 ModelB 8GBを使用します。

本稿は環境の準備編です。まず組み立てました。クラウド基盤の構成図など最初に説明しないと意味がわからないと思いますが、のちのち時間があるときに作成していきます。

Raspberry Piの組み立て部品

ラズパイと組み立て部品でこうなります。

組み立て中1

さらに組み立てていきます。

組み立て中2

だいぶ端折りましたが、完成です。
4組がOpenStack、1組がSoftEther VPN Serverになります。

組み立て完成

SoftEther VPN Server用のOS、Raspberry Pi OS (32bit)をSDカードに焼きます。
(Macの使い方がまったくわからないです。汗)

OSをMicroSDカードに焼いているところ。

SDカードをセットしてラズパイに配線します。

配線した図

電源を入れます。左下のLEDが点灯します。

電源ON

Raspberry Pi OS が起動しました。

無事OS起動

ひとまずセットアップが完了しました。フリーのウイルスソフトのインストールやOS回りのセキュリティ設定などもやらないといけないですね。ラズパイのパッチなんか聞いたことがないですけど、あるのかな。調査が必要です。(ここら辺も後回しです)

セットアップ完了

次はSoftEtherのインストールです。インストールのやり方が書かれているサイトがありますので、その通りにインストールしていきます。ちなみに今回はRaspberry Pi OSにSoftEtherをインストールしました。

参考サイト:Ubuntu 20.04 arm64bit on Raspberrypi 4にSoftetherを導入する
https://qiita.com/Shachihoko/items/543eea4c95153c719224

SoftEther VPN Serverのインストール手順

前提パッケージのインストール

$ sudo apt install build-essential
$ sudo apt install libreadline-dev libssl-dev libncurses-dev libz-dev

ソースのダウンロード

$ wget https://github.com/SoftEtherVPN/SoftEtherVPN_Stable/archive/v4.29-9680-rtm.zip
$ unzip v4.29-9680-rtm.zip
$ cd SoftEtherVPN_Stable-4.29-9680-rtm

ビルド

$ ./configure

インストール

$ make
$ sudo make install

サービス登録

$ sudo nano /etc/systemd/system/vpnserver.service

Unit定義ファイルの中身

Description=SoftEther VPN Server
After=network.target network-online.target
ExecStart=/usr/bin/vpnserver start
ExecStop=/usr/bin/vpnserver stop
Type=forking
RestartSec=3s
WantedBy=multi-user.target

サービス起動

$ sudo systemctl start vpnserver
$ sudo systemctl enable vpnserver
SoftEther VPN Serverのサービス登録

SoftEther VPN Serverのインストールが完了しました。この後は、SoftEther VPN Serverのマネージャからの登録作業になりますが、それは次回になります。

今日は以上です。
ご視聴ありがとうございました。