logo
NFTについてのイメージ

最近、NFTという言葉を耳にする機会が増えてきていることでしょうか?
NFTを通訳すると、非代替性トークンです。簡単にいうと、デジタル物の所有権が証明できる物です。


まずNFTの特性について紹介させていただきます。
NFTの技術特性は、主に4つです。
1、固有性
2、取引可能性
3、相互運用性
4、プログラム可能性(プログラマビリティ)

固有性は、元々はデジタル製品はデータの改ざんや複製することが可能なので、所有者明確できず、価値を持たせること、投資することは難しいです。しかしNFTは、ブロックチェーン上にデジタルデータの改ざんを防ぐため、鑑定書や所有証明書を記録できますので、他のデジタルデータ(複製したもの)と判別することが可能であり、固有性を持たせることができます。NFTを使って唯一無二かつ代替不可能なデジタル資産になって、投資や固定資産になることができます。

取引可能性は、所有者明確になり、取引が可能になります。または、取引内容はブロックチェーン上で公開され、誰でも検証できます。安全性が高い取引が可能です。

相互運用性は、共通規格で発行流通のNFTは、原則的には複数のウォレットやマーケットプレイス上で利用できます。

プログラム可能性は、スマートコントラクトという物を実装可能ので、NFTはスマートコントラクトを用いて、取引数の制限、取引の履歴の確認可能です。または、二次流通するとき、手数料還元機能も追加できます。

次は、取引場を紹介させていただきます。
「OpenSea」です。リンクを貼りますので、好きなデジタル商品があれば、ETHで買えます。
例としては、下記の商品を見てください。
https://opensea.io/assets/0xbc4ca0eda7647a8ab7c2061c2e118a18a936f13d/8768/

私たちはプログラミングを作成している仕事なので、プログラミングもデジタル物だと思います、例えば効率高いのアルゴリズムとか、使いやすいライブラリーとか、便利なフレームワークとか。
プログラミングをNFTもつけましたら、今後のIT業界はどうなるか?ご想像してください。

参考ページ:

https://www.pwc.com/jp/ja/knowledge/column/disruptive-technology-insights/blockchain-featured1.html

https://opensea.io/

それではSee you next time👉